今回は、舌平目です。

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 12:13

 

先日、山陽新聞の食材ノートの取材がありました。

今回は、シタビラメでした。

 

 岡山では、一般的にクロシタ・アカシタと呼ばれるシタビラメが、

一日に600キロほど、市場に入荷しています。

 

クロシタは、春の産卵に備えてこの時期身が太ってきて、

一番美味しい時期を迎えます。白身で、身ばなれが良く、

煮付けにするのが一番ですが、ムニエルや塩焼き、から揚げにも向きます。

ウロコは小さくはがれにくいので、丁寧に

ウロコ取りをしてください。金だわしを使うと上手に取れます。

 

IMG_0391.jpg

 

 

 アカシタの旬は夏と言われますが、この冬場の時期でも身太りが良く、

美味しくいただけます。ウロコは大きくはがれやすいですが、

泥を噛んでいる事があり、綺麗に洗わないと泥臭くなります。

塩焼き、煮付け、ムニエル、から揚げなどできますが、

クロシタに比べると身ばなれが良くないです。

 

IMG_0394.jpg

 

今年も、1~2月の岡山市の学校給食では、

ゲタミンチを使ってゲタのかけ飯が出されます。

 

瀬戸内のシタビラメを

使っていますので、若者達に魚の良さが伝わればと思います。

 

    鮮魚1課 井手

世界の海から

  • 2019.01.11 Friday
  • 12:37

 

様々な産地から届く水産物の数々。

特に冷塩1課は世界中の海から、魚が集まってきます。

 

グリーンランド産のカラスカレイ

DSC_0007.JPG

 

ノルウェー産のサバ

DSC_0002 (1).JPG

 

 

カナダ産のズワイガニ

DSC_0010.JPG

 

冬ということもあり、寒い地域の魚が多いかと思えば

 

ニュージーランド産のアジ

DSC_0008.JPG

 

 

チリ産の銀鮭

DSC_0004_BURST20190108013949831 (1).JPG

地球の反対側の暖かい地域の魚もありました。

 

 

また、比較的近くからも

 

北海道産のホタテ

DSC_0004.JPG

 

中国産のサゴシ

DSC_0001.JPG

 

タイ産のヤリイカ

DSC_0006.JPG

 

こうしてみると世界というのは広いようで、案外狭いのだなぁと感じたり、

この魚はここでも獲れるのか!?と驚いたり、改めて勉強になりました。

 

冷塩1課 藤原

 

 

新年明けましておめでとうございます

  • 2019.01.05 Saturday
  • 05:42

新年あけましておめでとうございます。

 

2019年1月5日、新年の初市を迎えました。

 

東京、豊洲ではマグロの初競りに3億3360万の値が付き、大きな話題となっています。

 

岡山では、派手な値段が付くことはあまりありませんが、今日は初競りです。

 

どうですか?

 

IMG_0319.jpgIMG_0320.jpgIMG_0321.jpg

 

近海の魚が床一面に並べられています。

 

 

IMG_0318.jpg

 

弊社社長の挨拶の後、待ちに待ったセリ開始です!!

 

IMG_0328.jpg

 

IMG_0325.jpg

多くの人と魚で賑わった初市。

 

今年一年皆様にとって良い年になりますように。

 

鮮魚3課 坪田

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

カウンター

アクセスカウンター

岡山中央魚市2017

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM