生きてます!!

  • 2018.07.02 Monday
  • 07:05

 

瀬戸内海の高級魚。

 

と言えばアレやコレやと思い浮かぶその中で

 

側扁平の平べったい体形。

イボダイの一種でありながら、その名は「カツオ」

 

昔は照り焼きにしてよく食べたものでした。

西日本では高級魚として重宝され

最近では「ずいぶんと食べてないなぁ」と思う

正確には「食べれないなぁ」と思ってしまう魚の代表格。

 

今がまさに旬。

 

ここまで言えば察しがつく人も多いのでは

 

そうです

「マナガツオ」

 

このマナガツオという魚

焼いても身が柔らかく身離れのいい

美味い魚であることは間違いないのですが

ラメのようなキラキラとしたウロコが

剥がれやすく鮮度落ちがはやく

取り扱いは要注意であり

市場に入荷される時は

発泡の箱にしっかり氷で冷やされて

入荷するのがマナガツオの普通の状態です

 

 

が〜〜〜〜〜!!!!

 

ここでお見せするのは

市場でもなかなか見ることのできない

「マナガツオ」の姿です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生きてます」

 

 

 

 

 

鮮魚1課 盒

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

カウンター

アクセスカウンター

岡山中央魚市2017

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM