養殖ブリ

  • 2018.01.18 Thursday
  • 09:37

 

ブリのシーズンも終わりに近づいてますが

養殖ブリについて書きます。

 

養殖ブリより天然の方がいいとか

どこの養殖ブリも同じじゃないん?って思ってる方も

多いんじゃないかと

 

養殖ブリも産地だけでなく、

各メーカーによって特色があります。

身質の脂の多いもの、身締まりの硬さ、サイズ、

ブリの太りなどなど

 

与える餌や飼育環境によりかなり差がでます

 

合成飼料のだけで育ったブリは

食べやすくクセの無い魚になります。

生餌で育ったブリは

ブリらしい味のブリになります。

 

未だ店先に並んでいますので

気にしながら食べてみるのも

楽しいですよ

 

 

 

鮮魚2課  森下

コメント
魚の価値観は食する世代、人によって変化してきます

例えば、若い世代が氷見の天然ブリと養殖のブリを食べ比べて

天然ブリは食感からして硬くて美味しくない、

養殖ブリは柔らかくて脂があって美味しい

と、評価すれば、養殖ブリの方が例え、天然のものと値段が同

じでも養殖を選ぶでしょう。

我々は、我々の目でみた価値感と消費者の求めている価値観の

違いを的確に掴んで置かなければなりませんね

特にブリの場合、その事がより顕著に表れてきます

併せて、価値あるものは価値あるように評価してもらえる

魚食普及にも努めていかなければなりません

  • YUICHIRO
  • 2018/01/19 11:55 AM
全く持ってその通りだと思います。

魚食文化の復活の為
消費者のニーズを把握して
色々な特色がある
魚を紹介していきたいと思います。
  • 森下
  • 2018/01/22 11:41 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

カウンター

アクセスカウンター

岡山中央魚市2017

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM