半夏生

  • 2018.06.26 Tuesday
  • 03:22

 

 

半夏生は、昔は夏至より11日目としていましたが、

現在は毎年7月2日を指します。

 

半夏生とは昔の稲作中心の日本においてとても重要な日で、

夏至後より半夏生になるまでに田植えを終わらせるという

習慣がありました。  

 

関西地方では、半夏生にたこを食べる習慣があり、

理由は稲の根がたこの足のようにしっかりと張って

豊作になりますようにという願いが込められているそうです。  

 

 

たこには、多くの栄養が含まれていて、

老化予防、貧血、免疫力を高めたりと、健康にうってつけの食材です。  

これから暑くなり、夏バテなど疲れが出やすくなってきますが、

たこを食べて夏を乗り切りましょう。

 

IMG_7370.JPG

 

 IMG_7369.JPG

 

IMG_7362.JPG ​

 

冷塩2課  角田

コメント
タコは岡山においては産地という事もあり、地域では消費の高い魚のひとつです。
最近、アフリカをはじめとして、不漁にて輸入が激減しており市場においても年間を通じては高級魚のひとつになって来ました。
それにより市場では国内の様々な産地の種類が入荷し、色々な製品の販売チャンスを得ました。
しかし、この時季の地物のタコの味は又、格別ですね。
  • YUICHIRO
  • 2018/06/26 5:35 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

カウンター

アクセスカウンター

岡山中央魚市2017

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM