柑橘系。

  • 2018.11.21 Wednesday
  • 05:57

 

先月、愛媛県が出荷前の20日間

餌としてチョコレートを含んだ餌を与えた「チョコぶり」を

開発したと発表しました。

そして先日、その「チョコぶり」の試験水揚げ、試食会が

行われたと報道されていました。

 

チョコレートに含まれるポリフェノールには

抗酸化作用があり、その働きで

養殖ブリの課題である切り身の変色を防ぎ

5日間程度鮮やかな色合いが保てるという画期的なしろもの。

 

課題となっている変色を餌にチョコレートを混ぜるとは

たゆまぬ開発者の努力、苦労を感じさせられる報道でした。

 

 

さて今回、紹介するのは

餌にミカンの皮、ミカンジュースの搾りかすを混ぜた

柑橘…ブリ?ハマチ?タイ?

 

いえいえ

「柑橘サバ」なのです。

IMG_8468 (1).JPG

 

柑橘由来ポリフェノールがコリコリとした食感を維持し

養殖魚ならではの脂肪量がありながらサッパリとしていて

魚臭さが軽減されているのが「柑橘サバ」の特徴です。

 

と紹介されてます。

 

ならばということで

筆者食べてみました。

IMG_8269.jpg

 

IMG_8469.JPG

 

なんせ包丁下手なので

刺身にした後の写真は

お見せすることはできませんが(苦笑)

 

 

食べると

確かにサバ特有の食感コリコリ。

脂っこいのに全くしつこくない。

柑橘系の匂いは感じませんでしたが

サバ臭さ、魚臭さも全然感じません

サバというよりはブリハマチに似た味わい。

 

「宝石箱や〜」とか「まいう〜」といった

食レポは出来ませんが、美味しかったです。

 

 

養殖ですから天然に比べると確かに高値です

それだけ生産者の創意工夫によって

大切に育てられているのです

 

日本有数の魚類養殖の生産地であり

温州ミカンの代表的産地の愛媛県。

なかなか市場流通で消費者の皆さんの元には届きにくいですが

こんな養殖魚があることを紹介しました

 

ブリもあります。

IMG_8266.JPG

 

鮮魚3課

 

 

 

コメント
あるんですね。チョコぶり。
各地、産地は郷土を挙げての技術開発。それぞれ根拠はあるんですね。残念ながら、我が郷土岡山には豊かな漁場を持ちながら産地として、地域を挙げての取組みが希薄な気がいたします。産地・流通業者・消費者そして行政・メディアの連携による魚食に向けた取組が更に必要です。

  • YUICHIRO
  • 2018/11/28 4:38 PM
コメントありがとうございます
魚離れと言われ続け、そしてその歯止めがかかってない昨今、産地生産者の間では日々、改良改善を重ね消費者に魚食文化の普及に努めているのに対し市場業務に携わる我々は一体なにをしたのか、なにをすべきかを考えさせられる記事でした。
それにしてもブリにチョコレートは驚かされました。
  • 鮮魚3課
  • 2018/11/30 12:32 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

カウンター

アクセスカウンター

岡山中央魚市2017

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM