今回は、舌平目です。

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 12:13

 

先日、山陽新聞の食材ノートの取材がありました。

今回は、シタビラメでした。

 

 岡山では、一般的にクロシタ・アカシタと呼ばれるシタビラメが、

一日に600キロほど、市場に入荷しています。

 

クロシタは、春の産卵に備えてこの時期身が太ってきて、

一番美味しい時期を迎えます。白身で、身ばなれが良く、

煮付けにするのが一番ですが、ムニエルや塩焼き、から揚げにも向きます。

ウロコは小さくはがれにくいので、丁寧に

ウロコ取りをしてください。金だわしを使うと上手に取れます。

 

IMG_0391.jpg

 

 

 アカシタの旬は夏と言われますが、この冬場の時期でも身太りが良く、

美味しくいただけます。ウロコは大きくはがれやすいですが、

泥を噛んでいる事があり、綺麗に洗わないと泥臭くなります。

塩焼き、煮付け、ムニエル、から揚げなどできますが、

クロシタに比べると身ばなれが良くないです。

 

IMG_0394.jpg

 

今年も、1~2月の岡山市の学校給食では、

ゲタミンチを使ってゲタのかけ飯が出されます。

 

瀬戸内のシタビラメを

使っていますので、若者達に魚の良さが伝わればと思います。

 

    鮮魚1課 井手

コメント
舌平目「赤」と「黒」
うろこの剥がれ具合の違い。あるんですね。
個人的には赤舌の煮つけ。少し濃いめの出汁でさっと煮付けた味が好きです。ゲタミンチは学校給食はもとより、これも出汁のなかで煮付けて熱いご飯にかけて食べると最高です。
製品の拡販宜しく。
  • YUICHIRO
  • 2019/01/30 4:32 PM
 娘たちの小学校時代から、ゲタのかけ飯は評判は良いです。最近
は、原料を集めるのが大変です。
  • 1ねん3くみ
  • 2019/02/04 9:55 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カウンター

アクセスカウンター

岡山中央魚市2017

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM