我が社のコロナ対策

  • 2020.08.31 Monday
  • 08:37

 

今年も8か月を終え

年末に行われるであろう流行語大賞。

 

今年の流行語大賞を予想すると頭に浮かぶのは

「3密」「緊急事態宣言」「ソーシャルディスタンス」「アベノマスク」

などなど去年までは聞きもしなかったコロナウイルス関連の新語ばかり。

毎日、マスコミやネットニュースで大半を占めるコロナ関連のニュース。

 

それほど我々の生活に大きな影響を及ぼしてるコロナ禍。

 

誰もうつらない、誰にもうつさない

そうした心掛けでコロナウイルスから

自分を家族を会社を守っていきたいものです。

 

さて、岡山中央魚市株式会社における

コロナ対策をいくつか紹介していきます。

 

 

〇体温測定及び症状チェックシート

 

毎日、出勤時に体温、体調を記入

異常がある場合には出勤を控える。

 

 

〇定期的な事務所の換気

 

1日4回 決まった時間には事務所の窓、扉を開け

30分間換気を行っています。

 

 

〇卸売現場、事務所でのマスク着用。

 

まだまだ残暑厳しいこの時期

現場でのマスク着用はそうとうキツイものがあります。

 

そこで

この度、岡山中央魚市で導入したのが

これ!

 

 

なんやこれ?と思われるかもしれませんm(_ _)m

 

口用のフェイスシールドです。

(マウスシールドとかマウスカバーとかの呼び方もあるみたいです)

 

現在、岡山中央魚市の現場では

セリ人、セリに参加する者はこれを着用しています。

 

 

 

 

「新しい生活様式」ならぬ

 

「新しい市場様式」になりそうです。

 

 

 

早いコロナウイルスの収束と終息を願います。

 

 

 

コメント
コロナ禍の中で、我々の市場はもとより、働き方も変化し、又、生活そのものが今、大きく変わってきております。
この新型コロナ感染症が収束した後も、再び、もとの生活に戻れるのか……。不安も付きまといます。
市場から感染者は出さない為にも、日頃の感染防止対策を各社、社員には徹底させなければなりません。
コロナウイルス下の消費者の「巣ごもり」消費で内食需要が拡大し、市場の販売にも変化が生じております。
市場外流通が伸びたとはいえ、市場流通は食品流通の本丸です。しかしながら、今後は旧態依然とした市場の販売のやり方では取扱数量の伸びは期待できないことを我々市場関係者は覚悟し、市場流通に付加価値を付ける為、ワンチームで取り組んで参らねばならないと思っています。


  • YUICHIRO
  • 2020/08/31 3:44 PM
コメントありがとうございます。
我々は市場流通の根幹を担う役目があります。だからこそ我が社はコロナ禍の被害を受けず、誰もうつらない、業務の支障をきたさないことを念頭に日々業務を続けることが必須です。

この記事の冒頭に今年の流行語に触れましたが
昨年の流行語大賞でコメントいただけるとは・・・・。
  • 鮮魚3課
  • 2020/09/01 8:00 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

カウンター

アクセスカウンター

岡山中央魚市2017

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM