半夏生

  • 2018.06.26 Tuesday
  • 03:22

 

 

半夏生は、昔は夏至より11日目としていましたが、

現在は毎年7月2日を指します。

 

半夏生とは昔の稲作中心の日本においてとても重要な日で、

夏至後より半夏生になるまでに田植えを終わらせるという

習慣がありました。  

 

関西地方では、半夏生にたこを食べる習慣があり、

理由は稲の根がたこの足のようにしっかりと張って

豊作になりますようにという願いが込められているそうです。  

 

 

たこには、多くの栄養が含まれていて、

老化予防、貧血、免疫力を高めたりと、健康にうってつけの食材です。  

これから暑くなり、夏バテなど疲れが出やすくなってきますが、

たこを食べて夏を乗り切りましょう。

 

IMG_7370.JPG

 

 IMG_7369.JPG

 

IMG_7362.JPG ​

 

冷塩2課  角田

香魚

  • 2018.06.18 Monday
  • 11:03

6月も中旬になりました。6月といえば皆さんなにを思い浮かべますか?

 

梅雨?W杯の開幕?

 

・・・そうです。鮎釣り解禁です。

 

鮎は資源保護のため11月から5月まで禁漁となっており、釣り人が川の中に入って長い竿を構える光景は初夏の風物詩です。

 

名前はよく聞く魚ですが、出まわる時期が限られていることから、頻繁に食べる魚ではありません。

 

塩焼きで食べたことがある人は多いでしょうが、

 

鮎の香りを嗅いだことがある人は少ないはず。

 

実は鮎、キュウリのような匂いがするのです。

 

特に天然アユは良い香りがします

 

そんな天然アユ、岡山の中心部を流れる旭川でも釣れます。(入漁料を支払う必要があります)

 

 

2時間程度でこの釣果!!

今年は旭川の遡上状況がよく釣果が期待できます。

去年は30cm近くの大型も。型が大きくなるのはこれから、楽しみです

以上!!鮮魚三課係長の釣りブログでした。

ハガツオについて。

  • 2018.06.14 Thursday
  • 10:48

 

我々岡山県では、ハガツオは 身近な魚ですが、

案外他県では知られて無い様です。

 

事実、私自身九州で育った為

岡山に来るまで ハガツオの存在を知りませんでした。

 

しかし、初めてハガツオを食べた時、

本ガツオとの違いに驚きました。

 

 

身の色は、赤味が少なく 血臭く無く、

酸味も無い 非常に食べやすく 美味な魚でした。

 

ハガツオの旬は 本ガツオと同様に秋以降。

脂が乗って身の色も白っぽくなり、とても美味に、なります。

 

今時期なら、タタキでサッパリが定番料理ですが、

クセの無い魚なので、 様々な、料理が出来と思います。

 

今年は、例年になく漁も 価格も安定してます。

是非、皆様も御賞味して下さい。

 

 

 

鮮魚2課 森下

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

カウンター

アクセスカウンター

岡山中央魚市2017

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM