藤原です。

  • 2018.08.28 Tuesday
  • 09:27

 

 今年の春、4月に入社した藤原拓未です。

 

 入社してから最も印象に残っているのは、

せりの時のせり人と買参人との、迫力と活気に満ちた空気感でした。

4月の半ばに「せりの札を入れてみよう」と当日言われて、

その圧倒的迫力にのまれて、へっぴり腰で札を何とか入れていた事を

昨日のように思い出せます(笑)。

 

今ではなんとか、

せりのスピードに合わせて札を入れることが出来るようになりました。

ですが、まだまだ精進あるのみ。毎日全力全開で頑張っていきます!

 

 もう一つの重要な仕事

配達では買参人の番号や場所を間違わないように、

注意しながら運んでいます。

また、台車やパレットに商品を積む時も、

倒れないようにバランスをとるようにしたりしています。

運んでいる時もトラックやフォークリフト、ほかの台車や果ては段差まで

細心の注意を払って安全かつ、どこを通れば効率的に早く届けられるのか、などを

考えながら日々運んでいます。

 

 

 9月には6か月間の試用期間も終わり、

正式に株式会社岡山中央魚市の一員となります。

 

ようやく仕事には慣れてきましたが、その慢心が禁物!

それを毎日思い出しながら、

一歩一歩確実に成長していきたいと思っています。

これからもよろしくお願いします!

 

IMG_7833.JPG

 

IMG_7798.JPG

 

                        鮮魚一課 藤原 拓未

台風20号

  • 2018.08.24 Friday
  • 08:34

昨夜、台風20号が岡山を襲いました。

 

各地で様々な被害を出しています。

 

台風が来ると海が激しく荒れ、漁に出ることが出来ません。

 

すると当然、近海ものを扱うセリ場はこの様な光景になります。

 

 

NEC_0009.JPG

(普段の様子)

 

こんな嵐の日でも、少ないですが市場に瀬戸内の魚は並びます。

 

例えばこれ

広島産のマダコ

 

日生で獲れたタナゴとシズ

 

ワタリガニなど…。

 

今日のように台風が来るなどし、

 

近海で獲れる魚が少ないときほど私たちの真価が問われます。

 

北海道、東北、さらには世界中から魚を岡山に集めます。

 

1515123781100.jpg

(イメージ)

養殖、冷凍品も需要が増えます。

 

セリ売りのイメージが強い市場ですが、

 

天候に出来るだけ左右されないよう食生活を守っています。

 

 

 鮮魚3課 

「珍」なる味覚

  • 2018.08.17 Friday
  • 05:58

 

 

 

IMG_0904 (1).JPG

 

ご存知でしょうか、「からすみ」

ボラの卵巣の塩漬けというのが世間一般の理解だと思われます。

 

古くはエジプトやギリシャで作られたものが、

安土桃山時代に長崎に伝来し、 広められたといいます。

 

一般的にはボラの卵巣を使いますが、香川ではサバやサワラを用いるそうです。

ボラの卵巣を塩漬けにし、その後洗浄、乾燥させて作ります・・・

と言えば 簡単に聞こえますが、

その製造には1ヶ月近くを要し、塩加減や乾燥具合、 形の良し悪しにより、

「商品」としての価値が大きく分かれます。

 

 

気になるのはやはり味とお値段。

味は。。。珍味らしい塩加減と独特な風味。。。らしいのですが、

すみません。 筆者は口にしたことがないので(汗

 

 なにせ(モノにもよりますが)本からすみ 1腹で1樋口一葉。

ホイホイ食べれるもんじゃありません。

 

食べてみたいけど給料日後かなぁ。

日本三大珍味ともよばれる

からすみも取り扱いございます。

それあるの?というような商品ぜひお問い合わせくださいませ。

 

冷塩2課の社員T

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

カウンター

アクセスカウンター

岡山中央魚市2017

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM